Q2 顔に大きな傷が残ってしまいました。働くことができないわけではないですが,この場合でも労働能力の喪失は認められますか?

外貌醜状が認められた場合の後遺障害の等級は,その症状の程度により7級~14級まで定められています。顔面など外貌に醜状が残った場合は,手足や身体に機能障害が残った場合とは異なり,身体的な機能そのものに支障があるわけではありません。そのため,直接的には労働能力が喪失したとはいえない場合があります。

しかし,芸能人・モデルなど,外貌が重要な職業に就いている場合に限らず,外貌醜状が残ったことで,就ける職業・職種が限定されたり,仕事に何らかの支障が出たりするおそれもあるものです。そのため,労働能力に影響があったとして逸失利益が認められるケースも多くあります。

ただし,提示された逸失利益の金額が適切でないこともありますので,そのような際は,粘り強く任意保険と交渉する必要があります。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害者の方からのご相談は何度でも無料です。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。