ケース15 加害者の飲酒運転。弁護士が相手の重大な過失を強く指摘し,賠償金は940万円以上に!

Gさん(女性・28歳・主婦)

  • 事故時診断:頭部打撲・頸椎捻挫(むち打ち)・顔面挫創・右膝挫傷・逆行性健忘・耳介軟骨膜炎・左側背部熱傷打撲
  • 後遺障害:12級15号
  • ※弁護士費用特約を使用
提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥5,519,043 1.7 ¥9,409,848
増額分 ¥3,890,805
治療費 ¥2,369,470 1.0 ¥2,371,570
入通院慰謝料 ¥650,000 2.6 ¥1,663,567
通院交通費 ¥173,410 1.0 ¥173,410
後遺障害慰謝料 ¥2,240,000 2.1 ¥4,770,000
後遺障害逸失利益 - -
休業損害 ¥77,730 5.4 ¥420,068
入院雑費 ¥7,700 1.4 ¥10,500
テープ代、眼帯代 ¥733 1.0 ¥733

Gさんは,原付バイクで走行中,対向車線の乗用車が中央分離帯を飛び出してきたため,正面衝突してしまいました。この事故により,Gさんは頭部打撲,頸椎捻挫(むち打ち),顔面挫創,右膝挫傷,逆行性健忘,耳介軟骨膜炎,左側背部熱傷打撲と診断され,治療を余儀なくされました。

Gさんは,その後,5年以上もの長期間に渡って治療を行い,ようやく症状固定を迎えましたが,大変残念なことに顔に傷痕が残ってしまいました。そこで,後遺障害の等級認定申請を行ったところ,傷痕が外貌醜状であると認められ,後遺障害12級15号が認定されました。

ほどなくして,加害者側の保険会社から示談金額の提示がありましたが,Gさんは,提示された金額が妥当なのか判断することができませんでした。そこで,交通事故に詳しい弁護士に一度,相談してみようと思い,当事務所にご相談くださいました。

当事務所は,いただいた資料を拝見し,Gさんの交通事故では,加害者が飲酒運転をしていたことから,この重大な過失を指摘することで,通常のケースよりも慰謝料が高額となる可能性があるとご説明しました。さらに,保険会社が提示した示談金額は低額であり,適切な賠償金の獲得に向けて尽力することをお伝えしました。

ご依頼後すぐ,弁護士は保険会社との示談交渉を始めました。加害者が飲酒運転で交通事故を起こしたことが原因で,Gさんが5年以上に渡って肉体的,精神的な苦痛を受けているため,入通院慰謝料,後遺障害慰謝料は裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)以上の金額が認められるべきだと主張しました。 相手の重大な過失を指摘し,常に強気で示談交渉を進めました。

その結果,当事務所の主張が全面的に認められ,入通院慰謝料,後遺障害慰謝料は裁判所基準の満額を上回る金額の獲得に成功し,休業損害など,ほかの項目も増額となりました。最終的に賠償金の総額は,最初に提示された金額から1.7倍以上の増額となる940万円以上で示談が成立しました。

今回のように,飲酒運転や信号無視,無免許運転など,加害者に大きな過失がある場合は,通常のケースよりも高額の賠償金が認められる可能性があります。弁護士にご依頼いただければ,強気の姿勢で示談交渉を行い,適切な賠償金を獲得できるように全力を尽くします。交通事故の被害に関するご相談は,何度でも無料です。まずは弁護士にご相談ください。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害者の方からのご相談は何度でも無料です。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。